「うん」と「いやいや」の身振り

育児

僕の息子は、2ヶ月前くらいから嫌なことがあると首を横に盛んに振るようになった。まだろくに話すことはできないが、どうやらこちらの言葉はそれなりに理解しているようで、ご飯のときにお皿が空に近くなって遊び出したときに、「もうごちそうさまする?」と聞くと、いやいやと言わんばかりに首を横に振ったりする。あるいは、これ欲しいとおもちゃを差し出すと同じように首を横に振ったりする。

はじめのうちは、このいやいやがどれほど的確なのか疑わしいときも多かったが、最近はどうもかなりちゃんと自分の意思を伝えているように思える。実際にいやいやと首を振っていることをしようとする怒り出す。

それに対して、肯定の意思表示を身振りで伝えることはまだ苦手なようだ。僕がそういう場面が適切だと思うときに、うんうんと言いながら首を縦に振るようにしていると、それを真似して、何か聞いたときに「うんうん」という感じで首を縦に振ることも出てきたが、こちらはどれほど肯定の意思表示だと理解できているのか相当疑わしい場面も多いし、まったくしないときも多い。なんとなく、首を縦に振るよりも、横に振る方がふりやすいような気がする。

自分で意識的にやってみると、首を縦に振るときの方が、脳への振動が大きいような気がする。また、息子の「うんうん」の首振りを見ていると、大人のように器用に少しだけ頭を上下させるということがまだできず、かなり大きく頭を振っている。こちらの方が技術がいるのだろうか。もしかしたらこういったことも関係しているのかもしれない。おそらくこういったことは、発達心理などで研究されているだろうから、また一度、文献なんかを漁ってみたい。

自分の意思表示がしっかりしてきたということは、自我が発達してきたということの証であり、喜ばしいかぎりだ。その分、彼の行動を導くのも難しくなってきたことも多い。彼の意に沿わないことをさせようとすると、癇癪を起こすことも増えてきた。いわゆるイヤイヤ期へと彼は一歩一歩向かって進んでいるのだ。それはそれで、楽しみだ。早く言葉が話せるようになったらもっと面白くなるだろう。今はまだパパとママも混乱することがあるくらいだから、もうちょっとかかるんだろう。まずはじっくりと内面の感情が育ってくれればいい。

去年の今頃は、まだ腰が座るか座らないかくらいだった。ほんとうにこの時期の一年の成長には驚かされる。

育児日記ランキング

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人間論 (近代社会思想コレクション) [ トマス・ホッブズ ]
価格:3456円(税込、送料無料) (2019/9/4時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました