保育園からの電話

育児

春の頃は、とにかく毎週のように保育園から風邪をもらってきた息子。夏になり、風邪の季節でもなくなり、しばらくの間、病院に行くこともなくなったなあと思っていたら、昨日、保育園から電話がきた。

昨日は、昔からお世話になっている名誉教授のところにちょっと話などもあってお邪魔する途中で、外で昼食をとっていたところだった。12時を過ぎた頃に、保育園からの電話。スマホの画面に保育園の字が出てるのをみただけで、内容が予想できる。

妻の職場は、仕事中に電話を持っていてはいけないという規則なので、僕のところに保育園からの電話がかかるようになっている。出てみると、案の定、熱があるので迎えにきて欲しいという内容だった。

今朝も元気そうにしていたのだが、子供は突然熱が出ることもある。保育園の先生の話でも、元気そうにはしてるし、給食もすべて食べた、でも熱があるということだった。僕は急には戻れなかったので、妻に電話をして、午後の仕事休んでもらって迎えに行ってもらうことにした。

この元気だけれども熱が出るというパターンは、息子の体調を心配することはそれほどないという点では安心なのだけれども、同時になかなか大変で、ようするになかなか寝てくれないし、諦めてフルで一緒に遊ぶしかない。言葉もあまりよくわからないうちは、理屈で寝なさいと言っても寝てくれるものではないからだ。

案の定、ちょっと早めに家に帰ると、パアパ、パアパと元気な声を上げながら近づいてきた。やがて二階にいって遊びたいという合図を送ってきて、プラレールで遊んだり、ベッドの上にバタンバタンして遊んだりした。

38から39度くらいの熱が出ることは多いが、それでぐったりすることはほんのわずかしかない。ぐったりしたときは、本当に心配になるので、もちろん元気な方がいいのだけれども、大変なのは大変だ。でも仕事よりも息子を優先するのは当然なので、いろいろと仕事のスケジュールもくるう。今までも何度か、保育園からの電話で会議を途中で抜けるということがあった。でも僕の職場はかなりそういう点について理解があるので、こういったときに嫌な顔をされたことがないのは非常に助かる。むしろ、積極的に、早く家に帰ってあげたらと声をかけてくれる。

これからまた冬がちかづいていくにつれて、息子と風邪との戦いは始まるのだろう。今回はその前哨戦かもしれない。

昨日、熱のことがあったので、夜はいつもよりちょっと早く7時半に寝かせた。そうすると、彼は朝は5時20分に起きた。。。そして熱もすっかりひいて、動き回っていた。。


育児日記ランキング
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Global Catastrophes A Very Short Introduction
価格:1637円(税込、送料無料) (2019/9/19時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました