保育園の先生のコメントに驚き。

育児

先日、保育園からの連絡ノートに次のようなことが書いてあった。

今日は〇〇君は、お友達のところに行って一緒に絵本を読んでいました。いつも一人で遊んでいる〇〇くんがお友達に興味を持っているのをみて、成長を感じました。

なるほど、なるほど、また一歩息子は成長しているんだな・・・・ん?

なにー、息子はいつも一人で遊んでいたのか!!

息子は家でいるときは滅多に一人で遊ぶことはない。どうも妻の話では一人で遊んでいるときもあるようだが、僕が一緒にいるときは、ちょっと自分で何かを始めたと思っても、必ず僕のところに来て、パパ、パパと呼びつけ、一緒に遊ぶ。だからそんな彼が一人で遊んでいるところを想像すると、ちょっと切なくなった。

でもその理由もわからないではない。息子はまだほとんど話せない。1歳児クラスは差が大きい。もうものすごく話す子もいれば、息子のようにほとんど話せない子もいる。何と言っても三月生まれの息子と、四月生まれのことではほぼ倍生きてきた時間が違うのだ。送迎の時に見ている限りでもやはり一緒になんかグループを作っているのは、話せる子同士な気がする。彼らからするとまだ話せない子は、コミュニケーションが取りにくいに決まっている。

また息子は、グイグイ人の輪に入っていけるタイプではない。なんかおもちゃが置いてあるところに行っても、他の子がいると離れてじっと見ているタイプで、ちょっと励ましても絶対に行かない。

だからまあ一人で遊んでいるというのも納得できるが、やはり早く友達ができて、一緒にわいわいできるようになってほしい。その方が息子もきっと楽しいから。もしかしたらちょっとは寂しいのかもと思うと(もちろん、彼がどう感じているのかはわかんないけれども)、ちょっと切なくなったのだ。

3月生まれは、小さいときはそれなりにハンデを持っているのは間違いない。でも少しずつ彼は成長しているし、まあ次の段階を楽しみに、焦らずに待とう。


育児日記ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました