ピーチパフェを作りました。

生活

毎年、ふるさと納税を利用しているが、今までは肉類や日持ちのしそうなお菓子がメインだったが、今年になってフルーツ系のものをかなり選ぶようになった。やはり息子に食べさせやすいというのが大きい。味の薄いものを保育園などでも食べているからと言って、味がわからないわけではなく、フルーツについても、大人が食べて美味しいと思うものでないと、彼は口から出してしまう。水っぽいものだったり、酸っぱいものだったりすると、やはり食べないのだ。

ふるさと納税で送られてくるフルーツは、割と甘いものが多い。今のところ外れを引いたと思うことがない。春頃に申し込んだ桃が8月に大量に届いたので、息子にも与えてみたが、とても喜んで食べていた。

ついでに、前から一度やってみたかったことをやってみた。それがパフェを作るというものだ。ふるさと納税で送られてきたフルーツを使えば、フルーツ代はかからない。あとは生クリームとアイスクリーム、カステラみたいなのを(スポンジの代わりに)用意して、順番に積み上げていくと簡単にできる。一つ一つのパーツにこると、それなりに最初お金もかかるが、割と何個もできる。

息子の前にパフェを置いてみると、彼は持ち前の食いしん坊の直感でこれは美味しいものだと判断したのか、指差しながらうーうーいって興奮していた。さすがに一つ全部食べさせるのはまずかもと思ったので、少しずつ、僕が食べながらスプーンに乗せて彼の口に運んでみたが、彼の興奮は止まらず、ツバメのひなのごとく、口を大きく開けて次に次にと要求してきた。

まあ、こんなことを書くだけでも、眉をひそめる人はいるかもしれない。1歳児を育てているお母さんの中には、本当に市販のお菓子なんかを与えないし、濃い味のものなんかは絶対に与えないという人も多いからだ。まあ僕らは、少しずつなら普通の食べ物でもどんどんあげるようにしている。彼の経験とか好奇心を広げる試みの一つだ。

それはともかく、なかなか簡単に、そしてインパクトのあるものが家でもできることがわかった。ちょっとほかのフルーツでもチャレンジしてみたい。家でのパフェはなかなかおすすめだ。


ライフスタイルランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました