人間ドックの再検査

先日、人間ドックに行ったのだけれども、CTの検査結果で、肺にすりガラス陰影があるということで、今日、診察に行ってきた。

先生の話によれば、僕のは肺がんなどではおそらくないだろうということで、半年後にもう一度CTを取るということになったのだが、ついでに最近、ちょっと寝ているときに気管が狭くなって息苦しくなり、メプチンエアーを吸入することがあると伝えた。

すると、まあ一応念のために簡単な検査をしておきましょうということになって、なんだか息を吐きながら液晶画面の風船に乗った女の子を崖の反対側に送り届けるという、ゲームみたいなのをやった。

待っている間にスマホで調べてみると、どうやらこれは呼気NO検査というものらしく、呼吸の中の一酸化炭素を調べるもののようだった。

しばらく待っていると結果が出て、やはり先生もそういう検査だと行っていた。35以上が喘息があると判断されるらしいが、僕は193もあったので、先生は「確実に喘息!」と言っていた。

去年の秋にアドベンチャーワールドで大きな喘息の発作を出してから、やっぱりあまり肺が安定しないようだ。肺というか、まあアレルギーなんだろうけれども。

とりあえず、肺がんとかではなくてよかった(まあまだ確実なことは言えないが)。なんか大きな病気になって入院とかしないといけなくなったらと思うと、毎日抱っこをせがんでくる息子がきがかりで、だっこしたときにそのほっぺをジッと目に焼き付けていたのだが。しばらくは大丈夫そうだ。

帰ったらアンがいつもどおり大騒ぎして飛びついてきたので、今日はちょっと暑いかもと思ったが、久しぶりの晴れ間だったので、二人で散歩した。


育児日記ランキング


コメント

タイトルとURLをコピーしました