家での英語学習

2021年6月2日

ビースタジオに通い始めてから、毎日英語に触れさせるようにしています。習い事をするときに、たんに習い事に行くだけならそもそもさせない、という方針でやっているので、家庭学習をすることは必須です。英語学習は、今は映像学習ばかりなので、息子もあまり抵抗なくやっています。

Youtubeとビースタジオのオンデマンド授業のふたつが我が家の英語学習になります。YouTubeの映像は、基本的に妻が選んできてくれています。主に見ているものは「Cocomelon」と「English Singsing」です。

この二つは歌と映像によってカテゴリー別の単語が流れ続けます。息子も僕の膝の上で、ジュースなんかを飲みながらぼーっと見ています。

ビースタジオのオンデマンド授業も、予習・復習に最適で、こちらの方が授業らしらがあって大人の僕としてはこっちの方がなんか安心感がありますが、AはYouTubeの方が好きみたいです。

基本的にお風呂上がりに30分くらい見るという感じです。ビースタジオの先生は、音が聞こえていれば、他に何やっててもいいので流しておいてくださいと言っていましたが、やはりどうも他のことに意識が向かっている状況での学習効果に疑問があるので、ボッーっとでもいいから、映像を必ず見るように言っています。

面白いなと思ったのは、Aなりに、街で(たとえばバスや電車の中で)英語の音声が聞こえたりすると、「あ、これ英語?」と聞いてきたりします。もちろん自分の知らない言葉だから英語、くらいの感じなのでしょうが、日本語以外の言語的音声に意識が向き、違いを識別しているというのは面白いなと思いました。

英語が理解できなくても英語が流れていること自体には抵抗はないみたいで、YouTubeの幼児向け動画のブリッピーとかも自分で勝手に見たりしています。

あと、少しずつですが、やはり単語や挨拶などが話せるようになります。日本語よりははるかに遅い進歩ですが、まあ自分の子供時代の英語学習を考えるならば大したものだと思います。

語学もまさしく日々の積み重ねなので、これもAの日課です。逆にAのキャパシティを考えるならば、今ぐらいが限界かなとも思っています。


習い事ランキング